商工会議所とはへ

会頭挨拶

 ようこそ、白河商工会議所のホームページへ。    

 今年は議員の改選期を迎え、会頭の任期も満了となり

ました。この間、会員の皆様をはじめ多くの関係者の皆様

には、白河商工会議所運営に特段のご支援とご協力を頂戴

いたしましたことに、心より厚く御礼を申し上げます。

お蔭をもちまして、諸般の事務業務が円滑かつ効果的に

展開できましたことに、衷心より感謝を申し上げます。また、この度の任期満了に伴う会頭選任に際しましても、多くの皆様からご推挙いただき再び信任を賜りましたことは、私の身に余る光栄であり、心から感謝と御礼を申し上げます。現下の内外を取り巻く厳しい経済環境の中、二期目の会頭の重責を担うことには、改めて気が引き締まる想いをいたしております。

 私は、今期の会頭就任に当たりましても、引き続き地域社会への感謝の気持ちを持って、行政と軌を一にして、商工業を中心とする中小零細事業所の皆様と共に、地域経済の活性化に取り組んで参りたいと考えております。更には、震災復興から創生に向けて、白河の経済伸展と商工業の発展に全力で取り組んで参りますので、皆様には変わらぬご支援とご協力をお願い申し上げます。

 就任以来の三年を振り返りますと、微力ではありますが行政をはじめ関係機関と連携し、様々な事業が推進できたと考えております。

 この間、私は十二年余にわたり県信用金庫協会長や、全国信用金庫協会の役職も担って参りましたが、このほど退任しましたので、今後は、出来る限り地元白河の地域貢献に努めて参りたいと考えております。

 近年は、地域経済を取り巻く環境も大きく変化し、商工会議所には多様な対応が求められていることに加え、福島県内には原発や風評など、解決すべき多くの課題がございます。しかしながら白河地方には、三菱ガス化学をはじめ企業の誘致・操業が進み、待望のコミネスの開館や、マイタウン白河の介護専門学校設立など、地域経済に明るい見通しも伺えます。このため、白河商工会議所は地域経済の更なる伸展のため、幅広い取り組みを推進して行く必要があると考えております。そのため私は、地域パワーのベクトルを一体化して、商工会議所の会員メリットの拡充や、新規創業者の支援、円滑な事業継承の支援など、手を携え寄り添う本来業務の充実をはじめ、中心市街地の活性化や地方創生に向けた幅広い取り組みなど、商工会議所の事業の多様な展開にも努めて参りたいと考えております。

 白河商工会議所は二年後に創立70周年を迎えますが、近年は会議所周辺の環境が大きく向上し、会館利用者からは更に機能性のある会館も望まれているため、現会館の機能向上について検討を進めるなど、地域内唯一の総合経済団体として、会員事業所の発展と福祉の向上に取り組んで参りますので、引き続き会員をはじめ関係皆々様のご支援とご協力をお願い申し上げ、就任の挨拶といたします。


商工会議所とはへ