女性会

記事一覧

しらかわ関まつり 踊り流しに参加

8月2日(日)白河駅前の小峰通りで開催された、しらかわ関まつり踊り流しに参加いたしました。

会員他20名が参加し、ピンクと紫の揃いの浴衣、ひまわりの花飾りで会場に華を添えました。

踊り流し後の表彰式では、「笑顔がめんこかったで賞」というすばらしい賞をいただくことができました。

27odori1.jpg

27odori2.jpg

27odori3.jpg

城山公園清掃活動を実施しました。

8月2日に白河関まつり市民納涼花火大会が開催されることを受け、城山公園の清掃活動を実施しました。

会員20名が参加し、駐車場周辺のゴミ拾い・草むしりを行いました。

seiso1.jpg

seiso2.jpg

東北六県大会盛岡大会に参加

岩手県盛岡市にて開催された、東北六県商工会議所女性会連合会盛岡大会に鈴木会長をはじめ、会員7名が参加いたしました。

大会の功労者表彰では、当会の和知キシ子理事、海老名啓子理事、小桜宮子会計理事が、会での役員の功労が称えられ、表彰を受けました。

懇親会では、ミスさんさ踊りによるさんさ踊りが披露された他、来年度の東北六県大会が会津若松で開催されることを受け、福島県女連で会津若松大会のPRを行いました。

27rokkenn1.jpg

27rokkenn2.jpg

県女連創立35周年記念式典が開催されました

この度、福島県商工会議所女性会は創立35周年を迎え、平成27年度総会と共に記念式典・講演会が開催されました。

記念式典では、当会の中上サト子直前会長が、県女連副会長としての功績が称えられ、功労者表彰を受けました。

また、記念講演会では、北海道倶知安観光協会の本田哲理事長が倶知安町の衰退から、アジアを代表するスノーリゾートとなるまでの体験等をお話しくださり、非常に有意義な講演となりました。

35-1.jpg

35-2.jpg

35-3.jpg

ご当地キャラこども夢フェスタinしらかわに参加しました

6月6日、7日の2日間、白河駅前・小峰通りの特設会場にて、ご当地キャラこども夢フェスタが開催されました。
当会も実行委員会の一員として、会場案内のお手伝いをしたほか、コーヒー・ペットボトル飲料の販売を行いました。
2日間併せて、17万人の方が来場し、特に気温が高かった2日目には、女性会のブースにも冷たい飲み物を求める人で行列ができるほどでした。

大昭和まつりに出店しました

4月29日、大工町・新蔵町にて開催された、大昭和まつりに出店し、特製の焼きそば、ドリンクを販売しました。
お天気にも恵まれ、多くのお客様にご来場いただき、焼きそば300食が午後2時には完売いたいました。
ご来店いただきました、皆様ありがとうございました。

daisyouwa1.jpg
焼きそば作成中

daisyouwa2.jpg

ふくしまDCオープニングセレモニー

4月5日、ふくしまDC(デスティネーション・キャンペーン)の開始を記念して、オープニングセレモニーがJR新白河駅にて開催されました。
女性会では、来場されたお客様にお配りするお餅の配布をお手伝いいたしました。
仙台からの特別列車に乗ってお越しになったお客様のお出迎えも行い、多くの方から「ありがとうございます」という温かいお言葉をいただきました。
DC1.jpg
一日駅長の鈴木和夫白河市長と共に

DC2.jpg
参加された会員のみなさん

平成27年新春講話会・新年会を開催しました

1月15日、鹿島ガーデンヴィラにおいて、平成27年はじめの事業となる新春講話会と新年会が開催されました。
新春講話会では鈴木和夫市長を講師としてお迎えし、「女性の活躍が地域を支える」という演題でお話をいただきました。地方創生が叫ばれている今、地域の発展には女性が持つ鋭い感性や、きめ細やかな気配り等が不可欠であり、今後市としても女性が能力を発揮できる環境の整備に努めていきたいとのお話をいただきました。

shinnenn1.jpg
講師を務めていただいた鈴木市長

shinnnen2.jpg


その後の新年会では、鈴木市長、牧野会頭をはじめ、多くのご来賓の皆様にご出席いただき、懇親を深めさせていただきました。
本年も地域の振興に寄与できるよう、女性会一丸となって活動して参ります。本年もよろしくお願いいたします。

shinnenn3.jpg
鈴木会長より来賓の皆様への御礼と新年の挨拶がありました

shinnnenn4.jpg
青年部鈴木会長の御発声により乾杯

shinnen5.jpg
参加された会員のみなさん

法人部との合同研修会・バザーを開催しました

12月11日に毎年恒例となっている、白河法人会女性部との合同研修会・チャリティバザーを開催しました。
研修会では大統寺の住職、渡邊宗徹氏に「今を生きる」というテーマでお話しいただきました。
研修会終了後、会員が各家庭から持ち寄った品物でオークション形式のバザーを行いました。
みなさんのご協力により、148,000円の売り上げとなり、矢吹町立中畑小学校と白河市立小田川小学校に寄付されることとなりました。
女性会では、12月18日に鈴木会長、櫻井副会長、小野副会長が小田川小学校を訪問し、小桧山校長に寄付を贈呈しました。校長先生からは「非常にありがたいご寄付ありがとうございます。子供たちの活動に役立つものを購入させていただきます」とのお言葉をいただきました。
kensyu-1.jpg
ご講話いただいた大統寺渡邊住職

baza-1.jpg
チャリティバザーの開会にあたり、鈴木会長が挨拶しました

baza-2.jpg
小田川小学校に訪問

baza-3.jpg
小桧山校長と

フラワーアレンジメント研修会を開催

12月2日、研修委員会主催のフラワーアレンジメント研修会が開催されました。
今回初めてプリザーブドフラワーのアレンジにチャレンジしました。
プリザーブドフラワーとは生花を特殊な液につけて脱色、再度染色した後に乾燥させたもので、水やり不要で長持ちします。

講師は(有)フラワーショップいくたの生田要さん。大学卒業後、東京で民間のデザイン会社に就職した後、家業を継ぐため、お花の学校に通い、4年前より白河に戻られました。
flower2.jpg
flower1.jpg
      生田さんの説明から始まりました。
flower3.jpg
flower4.jpg
  お花にワイヤーをさして、テープで巻く作業を繰り返します。
flower5.jpg
  バランスを考えながらお花や葉っぱを飾っていきます。
flower6.jpg
  皆さんの個性がつまったアレンジメントが出来上がりました

ナビゲーション