会頭手記

記事表示

白河だるま市

 2月11日(月)、白河市内本町、中町、天神町の目抜き通りにおいて、白河だるま市が開催され、時折雪が舞う中、約15万人の人々が訪れ、大変賑わいました。
 中町では、午前10時から市神神社例祭が執り行われ、観客に対し、宮司や鈴木白河市長と共にお餅やみかんを撒き、白河地方の今後益々の繁栄を祈願しました。
DSCF0035.JPG