会頭手記

記事表示

白河地方冬の風物詩 白河だるま市開催

約300年の歴史がある「白河だるま市」(主催白河まつり振興会)が、今年も2月11日(日)建国記念の日に開催されました。
天気にも恵まれ、通りでは露店などから威勢のよい掛け声が響き、県内外から福を求める約15万人の方々が訪れました。だるまの販売以外にも、県南を中心とした特産品の販売や工芸品などの出店も並び、白河ラーメンを提供する出店では、購入しただるまを片手に白河ラーメンを食べる家族連れの姿が大変印象的でした。

9079.jpg

9246.jpg